自社開発技術について|鈑金加工、金属プレス加工、金型の設計製作、深絞り加工等の金属加工から表面処理なら大阪の共栄におまかせください。

自社開発技術について

超精密せん断プレス加工

従来のプレス加工品の断面は、せん断部とクラック部が5:5の割合で破断するため、抜き方向に対してダレが生じてしまい、反対側には抜きバリが生じていました。
その点、超精密せん断プレス加工は、破断面の上部、中部、下部の寸法が二次加工無しで、ほぼ同じ寸法で抜くことができるため、バリも抑えられ、機械加工と同様の仕上がりになります。
ワイヤー放電加工で製作していた製品をプレス化することで、大幅なコストダウンにつながります。

超精密せん断プレス加工 断面部分
ページトップへ

特殊形状深絞り加工

従来上下2つのパーツを溶接して、一体物としていましたが、溶接時の歪み、角度及び寸法不良、合わせ面の隙間等の問題点がありましたが、1枚の板から絞り加工を行う事により、それらの問題点を全て解消する事が出来ました。

当社では、特殊な形状の深絞り加工にも対応しております。三次元レーザー加工やワイヤー放電加工など、下部カットにしてそれぞれ最適な加工を施すことで、高品質な深絞り加工をご提供いたします。

特殊形状深絞り加工

  • 特殊形状深絞り加工
  • 特殊形状深絞り加工
ホッパー
SUS304t=0.6 絞り深さ141mm
底面開口サイズ=110mm×84mm
上部カットは、三次元レーザー加工

特殊形状深絞り加工

  • 特殊形状深絞り加工
  • 特殊形状深絞り加工
ホッパー
SUS304t=0.6 絞り深さ=123mm
本体SUSt=0.6にSUSt=3mm板ナットをヤグ溶接
上部カットは、ワイヤー放電加工
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

ラックプレス加工

今までは、既製品の定尺のラックギア及びピニオンギアを購入し、追加加工していたので、材料ロスが多かったのですが、弊社でプレス化したことにより、加工時間の短縮で既製品と比較し、3~4割はコストダウンとなりました。
また、材料ロスが0で必要数のみの注文が可能です。
ギア加工をプレス化にしたことにより、鉄では10mm、真鍮では18mmまで実績有ります。
ラックプレス加工
仕様
材質/C3604B モジュール/0.5
歯巾/8 噛み合い高さ/7.5
ラックプレス加工
仕様
材質/C3604B モジュール/0.75
歯巾/8 歯数/12 外形/Φ10.5
基準ピッチ
円直径/Φ9
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

歯巾10㎜ダレ面無し特殊ギヤプレス加工

これまで機械加工を行っていた工程をプレス加工にすることで、工程の削減につながり、時間・コストの削減につながりました。
スーパーギヤ【材質:SS400(浸炭焼入れ)、板厚10mm、モジュール2.5、歯切17、歯巾10mmダレ無しプレス加工】
特殊ギアプレス加工
特殊ギアプレス加工
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

板厚より小さい孔の加工

従来、ボール盤にて孔あけ加工を行っていたものをプレス加工することにより、板厚より小さい孔あけ加工を可能にしました。
ボール盤では2工程だったものがプレス加工では1工程になり、バリ取り加工も不要になるため、コストダウンにもつながります。
2ヶ所同時にプレスを行うので穴ピッチ及び穴径のバラつきが無く、バリ取りの加工も不要です。
板厚より小さい孔の加工
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

バリ無し金型

バリの出ない外形抜き金型を用いた加工になります。1工程でできる上にバリが出ず、破断面もきれいに仕上がる、新しい製法です。
バリ無金属
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

1工程ヘミング加工(建築用出隅t=0.35GLカラー鋼板)

カラー鋼板のヘミング加工になります。従来は2工程で行っていたヘミング加工を、当社の金型でプレスすることにより1工程での加工が可能に。これにより、工程が短縮され、時間・コストの削減につながります。

  • 1工程ヘミング加工
  • 1工程ヘミング加工
1工程ヘミング加工
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

ロール加工プレス化および複合金型による工程削減

当社では、ロール加工で製作したものをプレス化することでコストダウンを実現。さらにこれまで2工程で絞り加工を行っていたものに関しても、複合金型を使用することで、1工程に工程を削減することに成功しました。
ロール加工プレス化および複合金型による工程削減
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

長尺パイプ孔加工

これまで長尺パイプに孔あけ加工を行う際、ボール盤による孔あけ加工や下穴加工、バリ取り加工、研磨加工、タップ加工と数多くの工程を要していました。
一方、当社の長尺パイプ穴加工では、2ヵ所1工程で加工できるプレス加工およびタップ加工のみで対応できるため、時間およびコストの削減を可能にしました。

<パイプ加工仕様>
SUS304#400
φ25×板厚3.2mm×L=4950mm
M4タップ下穴
3.4φ×2ヶ所1組355ピッチ

従来の加工と当社での加工の違い
長尺パイプ孔加工

長尺パイプ孔加工
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

パイプ切断加工

当社では、パイプを切断する際も“ただ切断するだけ”ではありません。迅速かつ丁寧に切断いたしますので、その後の各種加工もしやすいとお客様からもご好評いただいております。
バリ無金属
※画像をクリックすると拡大します。
ページトップへ

パイプ先端絞り加工

弊社独自の絞り機械を開発により、従来の工程数を大幅に短縮することで、コストダウンを図る。
パイプ径φ25
絞り巾150mmまで可能

H7公差プレス加工

  • バーリング部 H7公差プレス加工
  • VA提案形状
  • 左 従来製品
    右 当社VA提案形状
※画像をクリックすると拡大します。
従来の加工
従来の加工

外部1R角絞り加工

外角Rが1Rの為、曲げ加工から溶接を行っていましたが、当社の金型技術により、角絞り加工を行いコストダウンを図りました。
材質C2801 板厚0.4mm
ページトップへ